長期間にザイロリックを服用「肝臓に負担」

公開日: 

私は40代後半になってからザイロリックを病院で処方を受けるようになったんですが、金銭的な問題と、毎月のように病院で通院することのメンドウくささがが原因で、現在は通販を利用しています。

基本的に薬は同じザイロリック100mgを1日に1錠、食後に服用しています。
服用する時間は特に気にすることはないと説明を受けたのですが、できるだけ決まった時間に、毎日のように服用することは意識してくださいと説明を受けました。

そのために私は寝る前の晩御飯の後に服用しています。

私は痛風の症状以外に、体内の臓器などには異錠は無いためにさほど意識していませんが、高齢者がザイロリックを服用するときには肝臓負担をかけるおそれがあるので、ある程度の注意が必要です。

どしても、薬は胃で消化された後、そこから肝臓にわたり、そして薬独自の効果を発揮します。毎日のように服用していると、臓器に負担がかかると言われているために、肝臓の悪い人は、用量を少なめにして服用することが進められているそうです。

これはザイロリックだけでなく、他の薬を服用するときでも言われていることです。

高齢の人や腎臓の悪い人は、薬の排泄が遅れがちです。用量を少な目にするなど慎重に用いる必要があります。
肝臓の悪い人は、定期的に肝機能検査を受けるようにします。

たとえ若い人でも長期間にわたり薬を服用する場合、肝臓に何かしらの負担をかけるために、ある程度は肝臓を強くする工夫をするのも大切かもしれませんね。

たとえば、肝臓にはタンパク質やビタミンなどの栄養分が必須と言われているために、しじみなどのが進められています。

ザイロリックの他に、毎日のように薬を服用する患者や、アルコールや中性脂肪の高いものを食べている人にはオススメかもしれませんね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑