尿をアルカリ化させ尿酸値を下げる

公開日: 

痛風の原因は尿酸値が高いことがひとつの要因です。
そのために、ザイロリックの成分であるアロプリノールが、尿酸値を下げて正常値を維持してくれるわけですね。

たしかにザイロリックを服用することで効果を発揮することは出来ますが、それだけでなく、毎日体内に吸収する食事にも意識することで、尿酸値を下げることができるとされています。

もちろんのことですが、尿酸値を高めるプリン体の多いアルコールや動物性脂肪の肉類を控えることはあたり前ですが、毎日食べる食事にアルカリ性の物を選ぶのが大切になります。

肉類は酸性なのでたくさん食べると尿酸値が高くなると言われていますが、逆にアルカリ制は尿酸値を下げ、一定を保つことが出来ます。

このアルカリ性は、尿アルカルカリか食品と呼ばれ、特に野菜や海藻類に豊富に含まれていると言われています。

簡単に言うと、このアルカリ化が含まれている食事を毎日のように食べることで、尿酸値を下げてくれるということになります。

色々調べると、尿をアルカリしてくれる食品はたくさんあり、たとえば「ホウレンソウ、ゴボウ、ニンジン、さつまいも、里芋、キャベツ」などの野菜類。それから、バナナ、メロン、グレープフルーツ、などの果物がアルカリ性と言われています。

尿酸値を下げ、痛風を予防するためにおすすめの食品になると思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑