年齢とともに痛風発作が起こりやすい

公開日:  最終更新日:2015/06/01

厚生労働省の国民生活基準の調査によると、日本国内だけで痛風で病院に通院をしているのが約90万人もいるそうです。

かなり多いような気がしますが、なによりも30年前は約15~20万にほどしか痛風の患者がいなかったそうです。今と比べると、昔の人口密度、それからお酒を飲んでいる人の割合も違うと思いますが、それにしても痛風の患者数が多いと思います。

その一つの要因として、昔からの遺伝が関係するそうです。10代の高尿酸値症状の割合は約16%と、まだアルコールを吸収していないので、すでに尿酸値が高いために、すこしのアルコールや動物性脂肪で痛風が起こりやすくなります。

あるしラベルによると痛風の予備軍をあわせると100万人以上にもなると言われています。
なんだか同じように悩んでいる人がいるのなら”安心”しているようなきがしますが、そんなことはなく、やはり一番は、すこしでも違和感を感じたら病院で検査を受けることが大切です。

一般的に、痛風の患者は50~60第に多いとされていますが、尿酸値が高くなるのは30代~40代前半と言われています。そのために、若いうちから健康管理を心がけ、アルコールの量、栄養のある食事をしっかりと心がけておくことが、尿酸値に関係してくると思いますね。

どうしても年齢が高ければ高い人ほど、痛風発作が起こりやすいことはわかっているので、健康診断などで、尿酸値が清浄よりも高い場合には、予防対策を心がけること。

若者が高尿酸血症を放置したままでは近い未来、日本の痛風は爆発的に増えることが予想されます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑