体内のプリン体が影響する

公開日: 

痛風が急に起こるわけではなく、そこにいたるまでのプロセスや過程というのはかならずあるはずです。しかし、そのプロセスは自分の中ではなかなかわからないものであり、その流れをある程度知ることで、予防や改善に繋がるはずです。

まず一つとして細胞の新陳代謝が関係してきます。私達の体早く60兆という膨大な数の細胞によって構成されていますが、しかし一つ一つの細胞は、細胞膜と、細胞質のかくの3つの成分から成り立ってます。そのうちの角煮はDNAの成分から成り立ち、そのうちの角煮DNAやPNAという胃炎情報を伝える重要んば物質が含まれています。

つまりこれがプリン体に関係してくるわけですね。プリン体というのは、ビールなどに含まれている物質の一つですが、あくまでもプリン体を体内に含ませることは悪いことではありません。多量に毎日のように含むことが問題であります。

古い細胞は分解されるので、同時に拡散も分解されて、プリン体が伏せ続けることが要因の一つであります。

そこから、アデノシンとよばれるATPの活動が増え、分解されますが、通常は安静にしていれば問題はないのですが、プリン体の量が増えることにより、酸性と分解が起こり、ここから尿酸値が増えてきます。

短期間の場合なら全く問題はないのですが、毎日のように続けていくことが問題になり、このような日々を繰り返すことで、太りやすい体となり、結果的に、尿酸値が正常以上となり、神経に触れ、痛みに変わってきます。つまり、これが痛風の原因になります。

一番は、普段からの食事管理としてプリン体の少ない食事を考えることですが、あまりにも意識した食事を摂ることは問題なので、考えた食事を摂ることがこれから先につながります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑