プリン体にならない食事管理

公開日: 

どんなことでも言えることですが、普段からの食品には気を使うことは大切なことです。確かに美味しいものを食べることはストレス解消にはつながりますが、毎日のように好きなモノばかりを食べるのはあまりよろしくはないかと思います。ほんとうに必要な物を食べてから、自分にあったものをどれだけこだわれるのかが重要にはなると思いますが、これから先のプリン体のことを考えてから、どのような体のケアをしておくかも重要です。

例えばプリン体こそが高尿酸血症や痛風の元凶とされ、高尿酸血症の食事療法といえば、まずはプリン体を含む食品を激しく制限することであり、プリン体の多い食事を取ると当然のように、尿酸値がたまり、痛風が起こりやすくなります。

尿酸のもととなるのがプリン体であります。これは細胞の新陳代謝や運動によって体内で作られる食品から取り込まれるプリン体が、体内のプリン体全体の2割程度に過ぎず、尿酸値に与えられる影響、それほどではないことはわかっていますが、先々のことを考えても、しっかりとしたケアを心がけておくことが重要になります。

ただし、プリン体の過剰摂取には注意が必要になります。基本的なことさえ学んでいけば良いのですが、バランスが崩れることで、後から大きなトラブルになってしまいがちになりますが、例えば、食品100g中に200mg以上のプリン体を含むものを高プリン食といい、高プリン食を毎日大量に食べ続けると流石に尿酸値に影響をおよぼすために考えておくことが重要になります。

プリン体の過剰摂取が原因で尿酸値が上昇している人もいますが、このような人ではプリン体の制限が必要になる恐れがありますので、毎日の食事にはとことんこだわっておくことが重要になり、何かが起こってからでは遅くなるために、しっかりとしたケアを心がけたいところになりますね。

ほんのちょっとしたことなんですが、どれだけのことを考えて置けるのかが重要になると思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑