ザイロリックは服用はじめに痛風発作が起こりやすい

公開日: 

服用を始めればすぐに効き目が起こる薬もありますが、痛風薬のザイロリックはそんな作用はありません。

ザイロリックは、尿酸値が高い高尿酸血症に効果的な薬であることから、尿酸産生過剰型の人に適しています。
痛風による急性関節炎にも非常に高い効果を発揮してくれる薬なのですが、副作用については大丈夫なのでしょうか。
まず、どんな薬でも副作用があります。痛風の薬以外でも、どんな薬でも起こることは理解しておかなくてはいけません。

痛風は関節にたまった尿酸が悪さをすることで起きるので、尿酸降下薬のザイロリックを服用すると痛みを抑えることが可能です。

体内の尿酸を減らす作用があるので、痛風関節炎や痛風結節に効果的で同時に高尿酸血症を改善できます。
ただ、効能としては優れているのですが、副作用には注意しないといけません。
よく見受けられる副作用としては、服用しはじめに痛風発作を起こしてしまうという症状があります。
こうした現象が起きるのは、尿酸が関節から溶け出すことに起因しているのですが、副作用というよりはむしろ好転反応と見た方がいいかもしれません。

服用はじめに痛風発作が起こりやすいのは、良くなる過程の1つなので、ある程度は我慢することが大事です。
この場合の痛風発作は、関節に蓄積した尿酸が排泄されてしまうと再び起きることはないので、特に心配する必要はないのです。

その後、発作が起こらなくなるので、しっかり様子を見ていきましょう。

ザイロリックの副作用の特徴として、服用しはじめの頃に痛風発作が起こりやすいというものがありますが、これについては良くなる経過過程なので心配する必要はありません。

しかし重い副作用となると話は別で、皮膚障害や血液障害、肝障害などを起こした場合は注意が必要です。
もちろん、こうした副作用が起きるのは稀ですが、服用してすぐに発熱やのどの痛みなどを感じた時は、早目に医師に相談する必要があるでしょう。
重い副作用に見舞われることは少ないのですが、こうした薬を使用する場合、やはり注意は必要です。
服用して発疹やじん麻疹、食欲不振や胃の不快感、下痢などが現れた時は、すぐに医師に診てもらうことが重要です。
ザイロリックは代表的な痛風治療薬として知られているのですが、主な目的は体の中で尿酸が作られるのを邪魔することで尿酸を抑制することにあります。

また、痛風には確かに効果的なのですが、生活習慣の改善も大事なので、合わせて生活の改善も忘れないようにしましょう。

ザイロリックは、尿酸産生過剰型の人に適した薬なので、痛風にも大きな効果が期待できます。
飲み始めると初めは痛風発作が起こってしまうことがありますが、これは好転反応の1つで、関節内の尿酸が出てしまえば痛みは起こらなくなります。

このようなことを考えて、シッカリとしたケアを心がけることはすごく大切なことだと思いますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑