ザイロリックの服用量「1日量はどれくらい?何回服用?」

公開日:  最終更新日:2017/03/05

ザイロリックは、血液中の尿酸値が高いことで痛風発作を引き起こしやすい人に利用される薬です。
ただ、尿酸値を下げるためには尿酸の産生を抑える薬は確かに有効なのですが、服用するに当たって1日の量はどれくらいがよく、何回服用すればいいのでしょう。

あくまでも大量に服用することは禁止されています。
痛風の治療を考える場合、尿酸の生成を抑える必要がありますが、そんな時に有効なのがザイロリックです。
この薬は他の痛風治療薬とは異なり、尿酸が合成されるのを阻害する作用により、高尿酸血症になるのを防ぐ働きがあります。

気になるのが用量ですが、基本的に1日量は200から300mgで、その量を2回から3回くらいに分けて服用するのが正しい使い方です。
服用に際しては、1日に飲む量をしっかり守る必要があり、用法用量を守らないと肝機能障害などの副作用を引き起こすリスクがあります。

発売以来、世界中で使用され続けている薬ですが、痛風治療に用いる場合、適切な用量を守ることが大事です。
特に腎機能に障害がある人は正常に排泄されずに肝機能障害が出やすくなるので、そうした場合は服薬量の調節を適宜図るようにしましょう。

まあ、薬の場合は、肝機能に障害があるのは一般的ですが、できるだけ負担がかからないようにレバーなどを食べてもいいかと思います。

また、ザイロリックを服用中、もし何らかの症状が現れた場合は、素早く医師に相談することです。

ザイロリックの歴史はかなり古く、痛風や高尿酸血症の治療に使われてきた経緯があります。
服用すると尿酸が体内で作られるのを抑える作用が見込めるので、痛風関節炎が起こるのを防ぐ効果が期待できるのですが、大事なのは服用量です。

長く飲み続けることで効果が得られる薬なので、最初は医師の指示の下、慎重にゆっくり様子を見ながら服用していく必要があります。
基本となる服用量は1日に200から300mgが妥当で、3回くらいに分けて服用するのが良いのですが、最初は100mgの少ない量から飲み始めるのがオススメです。
なぜなら、尿酸値は体のために、急にではなくゆっくり下げていくことが大事だからです。
ザイロリックについては、それぞれの症状や体質に合わせて服用量や飲み方を決めて行くことが大切で、副作用の心配もあるので定期的な検査も欠かせません。
副作用として肝機能に影響を及ぼす懸念があるので、服用する場合はくれぐれもその量には配慮し、調整しながら使用していきましょう。

ザイロリックは、古くから利用されてきた信頼できる薬で、痛風や高尿酸血症の治療に効果的です。
ただ服用量には注意が必要で、200から300mgを1日量の目安として、2回から3回くらいに分けて服用するようにしましょう。

どうしても作用が起こらない場合は病院で診てもらうことも1つ大切になるかと思いますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑