ザイロリックの使い方

公開日:  最終更新日:2017/04/05

尿酸の生成を抑える薬として、ザイロリックは痛風で悩まれている方に痛みを軽減する効果が得られます。

今まで痛風に悩まされていた人には本当に理想的な薬になるかと思います。

薬効成分のアロプリノールが尿酸を作る酵素のキサンチンオキシダーゼを阻害してくれるので尿酸が作られるのを抑制できるのですが、どのように使えばいいのでしょう。

ザイロリックの使い方ですが、基本的にまず用量を守る必要があり、成人は1日200から300mgを目安として服用します。

2から3錠を1日2回から3回に分けて食後に飲むと良いのですが、注意しないといけないのは年齢や症状に合わせて増減するということです。

あくまでも過剰に服用することで、大きなトラブルになる恐れがあるために十分に注意が必要です。

錠剤を分割する場合は危険を伴うので、専用のウルトラピルカッターやピルカッターなどを使用するようにしましょう。

また、飲み忘れた場合はその都度、服用してもいいのですが、その際、次に飲む時間がせまっている時には服用しないようにすることが大事です。

要するに2回分を一度に服用する使い方は厳禁で、服用の際はアルコールも控えるようにします。
ザイロリックは錠剤なので服用する時は水で飲むことになりますが、その際、コップ1杯以上のたっぷりの水で服用することも忘れてはいけません。

使い方を間違えると効果に影響するので、くれぐれも用法用量に合わせた飲み方を心掛けましょう。

ザイロリックの使い方については特に難しいことはなく、大事なことはたっぷりの水で1日200から300mgを2回から3回に分けて服用することです。
服用中は水分をできるだけ多めに摂るのがポイントになるため、1日の尿量が2L以上出るように調整。

服用するに当たっては、定期的な尿酸値の検査を欠かさないようにすることも重要で、少しでも気になる症状があらわれた場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

また、急性痛風発作がある程度おさまってから服用するのがコツで、服用の初めの段階では一時的に痛風発作が強く出ることもありますが気にする必要はありません。

ただし、皮膚がかゆくなったり、手足がしびれたり、発熱や湿疹などの症状が現れた時はすぐに使用を中止して、医師の診察を受けましょう。

成分に対するアレルギーの前歴がある人や、肝疾患や腎機能障害の疑いがある場合は服用に際して十分な注意が必要です。

ザイロリックを使用する時は、1日200から300mgを目安に沢山の水で服用するようにします。

アレルギー症状や肝臓、腎臓機能に障害があると副作用のリスクがあるので、そうした疑いのある人が服用する場合は医師に相談しましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑